ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベンの生涯

ネットカフェ:看板
総合画像掲示板ネットカフェ

ネットカフェは、生まれたばかりの画像掲示板です。
応援して下さいね☆
お友達にもここを 教えてあげて下さいね。

Yahoo! JAPAN

動画ダウンロードソフト→RealPlayer
DMMタイトル数15万タイトル突破!国内最大級の品揃え!
無題ドキュメント
メニュー
 
 

どこでもネットカフェ

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベンの生涯

トップページ > memo >

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベンの生涯

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベン
Ludwig Van Beethoven
1770年12月16日 ~ 1827年03月26日

「苦難の時に動揺しないこと。これは真に賞賛すべき卓越した人物の証拠である。」

どんなに優れた人物でも、逆境に陥ったとたんに人柄が変わってしまうことがある。
逆境の中でこそ人間の真価が問われるのである。
音楽家でありながら耳が聞こえなくなるという「苦難」を克服したベートーベンの言葉である。

1770年ドイツのボンに生まれる。
ベートーベンははじめ、司教兼選帝侯に仕える宮廷歌手であった父から音楽を学んだ。
父は大変厳しい人だった。
夜遅く酔っ払って帰って来ては、寝ているベートーベンを起こしてピアノの練習をさせた。

7才の時にはじめてのコンサートを開いた。
しかしその時父は、ベートーベンの年を6才だとウソをついて発表し、世間の評判を上げようとした。
父は当時活躍していたモーツァルトのようにしたかったのだ。
モーツァルトは14才違いで,6才の頃にはすでに天才少年として大人気だった。
「第2のモーツァルト」にしたかったのだろう。

9才の時、ネーフェにピアノだけでなく作曲も教えられ、12歳のときには自ら作曲していた。

1787年、モーツァルトに師事するためウィーンに赴いたが、 ウィーンに行ってわずか2週間後,母親が病気という知らせをうけてボンに戻ったが、看病のかいもなくその年の7月に亡くなってしまった。
それからもベートーベンは弟たちの面倒を見ながら働き、寝る間を惜しんでピアノの練習や作曲を続けた。

ボンを訪れた当時大人気のハイドンは、ベートーベンの曲を聴くと 「ウィーンに来たら弟子にしてやる。」と言った。
22歳のベートーベンは、ハイドンに学ぶため再びウィーンに赴いた。
ところが、売れっ子だったハイドンは、あまり熱心にベートーベンに教えてはくれなかった。
そこでベートーベンは自分で先生を探し、シェンク・アルブレヒツベルガーやサリエリに学んだのだった。