ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベンの生涯

ネットカフェ:看板
総合画像掲示板ネットカフェ

ネットカフェは、生まれたばかりの画像掲示板です。
応援して下さいね☆
お友達にもここを 教えてあげて下さいね。

Yahoo! JAPAN

動画ダウンロードソフト→RealPlayer
DMMタイトル数15万タイトル突破!国内最大級の品揃え!
無題ドキュメント
メニュー
 
 

どこでもネットカフェ

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベンの生涯

トップページ > memo >

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベンの生涯

1795年頃からは次第にウィーン社交界に認められるようになった。
ブルンスヴィック伯爵家のテレーゼと出会う。
二人は恋に落ち、ベートーベンは彼女に「月光」という曲を捧げた。
結婚を真剣に望んだが、身分違いで恋は実のならかった。
これにより独身を貫くことになったといわれている。

彼が30歳頃の1798年ごろからは難聴に苦しむようになる。
1802年には自殺を決意して遺書を書き、 死ぬ前に今一度とピアノに向かい愛する人のために書いた「月光」を静かに弾き始めた。

弾いているうちにベートーベンは不思議な感覚を覚えた。
音はよく聞こえないが,心でははっきりとメロディーが流れているのだ。

「あきらめるものか。次々に押し寄せる運命に負けてなんかいられない。」

ベートーベンは再び立ち上がった。
そして,かいた曲が交響曲第5番「運命」である。
「運命」といえば、「ジャジャジャジャーン」で有名です。 この始めの「ジャジャジャジャーン」のことを、ベートーベンは「運命が私の部屋のドアをノックした。母の死、かなわぬ恋、そして耳の病気。臨んでなどいないことが次々にやってくる。」と表現した。
第1楽章は、いろいろな運命がベートーベンに襲いかかる様子を表現している。

ベートーベンの言葉には続きがある。
「でも私は運命に負けはしない。まっすぐに立ち向かっていくのだ。」というものである。
「運命」の第3楽章は、その気持ちが込められた力強いメロディーになっている。