ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベンの生涯

ネットカフェ:看板
総合画像掲示板ネットカフェ

ネットカフェは、生まれたばかりの画像掲示板です。
応援して下さいね☆
お友達にもここを 教えてあげて下さいね。

Yahoo! JAPAN

動画ダウンロードソフト→RealPlayer
DMMタイトル数15万タイトル突破!国内最大級の品揃え!
無題ドキュメント
メニュー
 
 

どこでもネットカフェ

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベンの生涯

トップページ > memo >

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベンの生涯

ベートーベンは,生きる希望を見いだした。
ある時森の中を歩いていて、ベートーベンは「あ、かっこうが鳴いている。つぐみもだ。」と言った。
一緒にいた人は、誰も鳥の声など聞こえなかった。
ベートーベンの心の耳には、確かに豊かな田園の風景と一緒に美しい鳥の声が聞こえていたのだろう。
ベートーベンの心の中には,美しい音楽があふれていたのだ。
ベートーベンは次々にたくさんの曲を発表した。
しかし、やはり耳が聞こえないために、大変な苦労の連続だった。

「運命」や「田園」をはじめて演奏した時に指揮をしたが、耳が聞こえないためオーケストラの人達とうまく行かなくなった。
「そうじゃない!」と怒鳴ってしまい、オーケストラの人もやる気をなくしてしまい、ついに練習をほとんどしないで本番の日を迎えてしまった。
当然上手くいくはずもなく、お客さんが騒ぎ出す始末だったという。

また,弟が死んでしまい、カールという名の子供を引き取った。
その子の母親と裁判を起こしたりカールが反抗したりして、 ベートーベンは心の安まる時がなかったという。
演奏会の失敗や裁判、それにカールを育てるためにお金もたくさん使い、生活も大変になった。

ベートーベンがカールにピアノの練習をするようにと叱ったところカールは家を飛び出し、自殺未遂をしようとした。
ベートーベンは,どんなにか悲しんだことでしょう。
そんな中から,ベートーベンは希望と喜びにあふれた曲を創り出します。
それが,「交響曲第9番・合唱つき」です。

この曲が初めて演奏された時、ベートーベンは指揮をしなかった。
指揮者の隣に腰かけて、オーケストラの方を向いて座っていたという。
この時のオーケストラは80人を越え、その後ろには100人を越える合唱団がついていた。
交響曲に合唱を入れたのは、これが初めてだった。
この演奏が終わった時、ベートーベンはまだオーケストラの方を向いたままだった。
そこで指揮者がベートーベンの腕をそっと取って、観客の方を向かせた。
ベートーベンの目に総立ちになって拍手する観客の姿が飛び込んできた。
熱狂的な拍手で、涙を浮かべている人もいたという。

それから2年後、ベートーベンは腸と肝臓の病気で亡くなってしまう。
ベートーベンは第10番目の交響曲を完成させたかったが、それもかなわず
「喜劇は終わりだ。」という言葉を残して逝ってしまった。

毎年暮れになると世界中で第9が演奏される。
この合唱の歌詞は「シラー」という人が書いたのだが、世界の平和を願う内容となっている。